HSTDR

車載用トラクションインバータの電流測定に最適なクラス最高のフレキシブル設計

オープンループホール型

車載用トラクションインバーター向けに±1500Aまで計測可能

車載用トラクションインバータは、ますます小型化、高性能化が進んでいます。限られたスペース、近接するバスバーによるクロストーク、高電圧の高速スイッチングによるノイズなど、HSTDRはこれら全ての課題に対応します。従来のC形コアセンサは、複雑な形のバスバーを貫通させるために大きな開口部が必要なため、大型になりますが、バスバー内蔵のこの新しいLEM HSTDRは、インバータのどこにでも簡単に配置でき、パッケージも弊社比で最大75%小型化されております。LEM HSTDRはその小さなサイズにもかかわらず、飽和することなく最大1500Aまで正確に測定することができます。また小さなエアギャップを持つコアを採用したことによりクロストークに対する優れた耐性を提供します

省スペースと高性能を両立させた一体型バスバー

LEM HSTDRは、HSxDRファミリーの最新の製品です。バスバーを統合した設計により、磁気コアの開口部を縮小し、従来のC形コアセンサに比べてセンサのサイズと重量を大幅に削減することができます。HSTDRはわずか29x21x12mm、27gで、C形コアと同等のエアギャップにより、クロストークに対する優れた耐性を持ちながら、最大1500Aまで測定することが可能です。HSTDREV用トラクションインバーター向けに高い柔軟性を持った設計LEM HSTDRは、HSxDRファミリーの最新の製品です。バスバーを統合した設計により、磁気コアの開口部を縮小し、従来のC形コアセンサに比べてセンサのサイズと重量を大幅に削減することができます。HSTDRはわずか29x21x12mm、27gで、C形コアと同等のエアギャップにより、クロストークに対する優れた耐性を持ちながら、最大1500Aまで測定することが可能です。

HSTDREV用トラクションインバーター向けに高い柔軟性を持った設計

  • 最適化された設置面積、重量、コスト
  • バスバーとの一体型の設計により、組み込みが容易
  • センサーとバスバーをまとめて校正しているため、お客様システムでの再計測がいらず、市場投入までの時間が短縮されます
  • 優れた性能(LEM HSNDRと比較して測定範囲が50%拡大、クラス最高の精度)

HSTDRの主な特徴

センサー パッケージ
  • オープンループホール電流センサー.
  • 最大測定範囲:±1,500 A
  • 総合誤差3.5%未満 (全温度範囲、保証期間内)
  • 40kHzの帯域幅と3μsの高速応答時間 
  • 沿面距離16.5mm(PLC3)
  • バスバー締結による固定
  • 柔軟なバスバー設計
  • 40°C~125°C 車載規格対応

 

ダウンロード

ここをクリックしてHSTDRのデータシートをダウンロード

HSTDRはHSxDRシリースに属します

他のファミリー製品もみてみませんか:  
  • HSNDR はデュアルレンジ機能を持ち、2つの測定レンジもしくは冗長性を提供します。
HSNDR

 

  • HAM250  は500MHz以上の帯域幅を持つユニークなセンサーです。
HAM250

 

 

HSTDR、HSNDR、HAMの機能を下表で比較

HSTDR,HSNDR,HALM

 

 

contact us